容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

二子玉川ライズ住民訴訟控訴理由書(3)東京都都市計画地方審議会

  1. 2011/09/28(水) 23:41:05|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
(3)東京都都市計画地方審議会でも同趣旨の指摘がある。

しかも、この問題点については、当該都市計画審議会でも審議委員からその不当性が明確に指摘されていた。甲90号証の平成元年5月26日第92回東京都都市計画地方審議会議事録46頁では29番(渡辺委員 東京都議会議員)が以下の通り発言している。

「二子玉川東地区の再開発ということで、先ほど検討中だというお話がありましたけれども、私どもはここの準備組合に行きまして、いろいろお聞きしてきました。全体計画というものがございまして、かなりの高層ビル3棟からなる前提計画が、すでに発表されているわけです。しかも、これはいちおう世田谷区の計画だということですけれども、世田谷区が発表している二子玉川東地区再開発基本計画というものもありまして、そこにも同じような内容、全体図が明らかにされています。そしてこの内容で、具体的に準備組合がすすめているわけです。

そういうものを我々に全然明らかにしないで、それと全く切り離した形で公園だけをだすことについては、理解しがたいという問題があるんですね。したがって、今回のこの提案については、二子玉川東地区再開発を推進するため当地域内にある都市計画公園を区域外に変更するものである。変更される、新たな公園になる緑地は、今審議会において別件で廃止が提案されている。(注 3.5haが減少した)先ほどの通りですね。再開発と密接な関係があるにもかかわらず、緑地部分だけを切り離して提案してきたこと自体、私は審議に値しないと思うんです。」

まさにこの指摘の通りである。
http://www51.tok2.com/home/hayariki/futako/


二子玉川ライズ住民訴訟控訴理由書(2)理由

  1. 2011/09/28(水) 00:50:41|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
(2)理由

甲107号証の岩見意見書では43頁5行目以下で明確に指摘している。

「公園変更を先行したため、地域の優れた環境にマッチした広域性かつ拠点としての再開発(広義の意味でのそれ)の可能性を著しく制限することになった。

もし公園計画の変更と再開発計画は一体的であることを住民に明らかにし、その検討を住民に委ねていたならば、再開発の邪魔者として遠くに追いやられ、現計画のような、利用に不便な単調な公園にはならなかったであろう。例えば、再開発の規模を縮小し、住宅については低層高密住宅(二子玉川地区市街地再開発基本構想 概要番S58.3乙8号)を選択し、それにあわせて、公園の一部を調整池化をはかり、公園とあわせて、その柔軟な配置と形状・規模の設定、デザイン上の工夫をすれば、当地域の固有の自然や文化と調和した、他の地域では実現できない、個性的・魅力的な広域性かつ拠点を想像する再開発の実現も決して不可能ではなかったはずである。公園の都市計画変更を先行させることにより、こうしたチャンスを奪ってしまった世田谷区の責任は重い。」とある。
http://www.hayariki.net/futako/appeal101111.html


書店リンク

アマゾン | 楽天ブックス | ビーケーワン | 枕石堂 | Yahoo!ブックス | JBOOK | livedoor BOOKS | オンライン書店e-hon | Neowing | ジュンク堂書店 | 紀伊國屋 | HMV | TSUTAYA | セブン&アイ