容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

二子玉川ライズは地域から隔絶

  1. 2011/11/14(月) 20:15:06|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
イ 本件の二号施設は以下の通りであり(甲163),これらの配置等は甲(甲164−2)に示されている。

広場1号 約700?

広場2号 約3,000?

広場3号 約700?

歩行者通路1号 12m×220m

歩行者通路2号 12m×160m

歩行者ブリッジ1号 20m×16m

歩行者ブリッジ2号 12m×16m
http://www.hayariki.net/futako/appeal101111.html
広場1号は二子玉川駅西口前の広場であるが,ここには再開発事業以前から広場状の空地があり,また駅に付属する施設としてこれを整備すべきは当然であって,ことさら地域社会に貢献するものということはできない。

広場2号は東口駅前から交通広場をつなぐもので,その殆どはガレリアとして商業施設に組み込まれている。

広場3号は,形の上では地域住民に開かれたものとなるようであるが,現実には地域から隔絶された人工地盤上に作られるものであり,地域への貢献は殆ど認めがたい。

歩行者通路1号,2号は駅前から公園をつなぐ通路であるが,その利用者の大部分は再開発マンションの居住者や再開発ビルの利用者となることが想定され,地域への貢献は大きいものではない。

歩行者ブリッジ1号,2号はいずれも本件再開発事業の大部分が人工地盤とされるために必要となったもので,上記歩行者通路と同様,当然に開発主体体が負担すべきものであり,地域への貢献と評価しうるものではない。

本件再開発事業における公共施設の整備が極めて低い水準のものであることは既に詳しく述べたところである(本項(2),(6)イなど参照)が,このように本件の「二項施設」を見ても大幅な容積率緩和を正当化するようなものとはなり得ないことが明らかである。


書店リンク

アマゾン | 楽天ブックス | ビーケーワン | 枕石堂 | Yahoo!ブックス | JBOOK | livedoor BOOKS | オンライン書店e-hon | Neowing | ジュンク堂書店 | 紀伊國屋 | HMV | TSUTAYA | セブン&アイ