容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

フランス政府のマドモアゼル廃止を歓迎:

  1. 2012/02/28(火) 22:12:07|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
フランス語は未婚女性の敬称をマドモアゼル、既婚女性の敬称をマダムと言うが、フランス政府はマドモアゼルを廃止し、マダムに統一すると2012年2月21日に決定した。行政文書を対象とするが、民間企業にも呼びかける。男性は未婚・既婚に関わらず、ムッシューで統一されているが、これまで女性は未婚と既婚で区別されていた。平等の立場からマドモアゼル廃止を歓迎する。

英語でも未婚女性はミス、既婚女性はミセスと分かれていたが、差別ということで既婚・未婚関わらず、ミズが政治的に正しい表現として定着している。フランス政府の対応は「今更」の感がある。実際に英語でコミュニケーションする場合、ミズでないと非常に不便である。未婚か既婚か分からず、そもそもコミュニケーションの性質上、未婚か既婚かは全く問題ならない場合も多い。ミスかミセスかとなると間違えたならば失礼であり、無駄なところで気を遣ってしまう。

マドモアゼル廃止は女性団体が求めていたものであり、それに対しては伝統の破壊、言葉狩りなどの反発も予想される。日本でもマドモアゼル廃止のニュースに対して言葉の豊かさが失われるとの反発がなされた。この種の反発は意外にも進歩的な立場からも共感される。中には昭和30年代の少年時代に観たフランス映画でマドモアゼルという言葉にトキメキを覚えたとし、それが同年代の男性の共通感覚でないかという意見まである。

しかし、今回の決定は行政文書からマドモアゼルをなくし、企業でも同様にするように呼びかけるだけである。未婚者と既婚者を区別する必要がないところで、区別する表現を廃止するだけであり、言葉が失われると騒ぐような話ではない。たとえば日本では「父兄」という言葉を問題視する意見が強いが、公立学校が保護者向けの配布物に「父兄の皆様へ」と書くことを止めることと同次元の話である。

マドモアゼルという言葉にトキメキを覚えるという意見も問題外である。少年時代に観た数十年前の映画でしか仏語を語らないような人物が、どのような意見を言ったとしても、フランスの現実とは乖離した主張である。現場の視点に欠けた意見に過ぎない。 私にとってマドモアゼルはミスと同じく、ありふれた言葉でトキメキは感じられない。一方で私にとってフランス語以上に馴染みの薄いドイツ語の未婚女性を意味するフロイラインという響きに美しさを感じる。それ故にマドモアゼルという表現にトキメキを感じる人がいることは想像可能であるが、特定世代の共通する感性として押し付ける考えはいただけない。全共闘世代など自分達の世代的価値観を押し付ける体質が、社会意識ある若年層を右傾化させてしまう要因になっている(林田力「若年層右傾化の背景と限界(下)」PJニュース2010年10月18日)。

http://www.pjnews.net/news/794/20101014_9

「ミス」「ミセス」や「マダム」「マドモアゼル」が差別になる理由は女性だけ未婚と既婚で分けられるためである。このためにマドモアゼル廃止を惜しむ立場からは男性も未婚と既婚で敬称を分ければ差別にならないとの発想が生じるかもしれない。しかし、これは未婚者と既婚者の区別を残存・増大させてしまう。

英語にミズが登場し、フランス語がマダムで一本化されたとしても、敬称の悩みは終わらない。相手が男性であるか女性であるかで敬称を使い分けなければならないためである。この点で「さん」で統一する日本語は中立的である。日本は男女平等の後進国であるが、それは主として近代に作られたものであり、日本語には平等を実現する豊かな可能性がある。
http://hayariki.net/index2.html


スマホは従来型の携帯電話よりも満足度が低い

  1. 2012/02/27(月) 23:49:11|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
スマートフォン(スマホ)の満足度は従来型の携帯電話よりも低い。新しいものや高機能が良いとは限らず、流行に踊らされないことが重要である。

携帯電話端末の顧客満足度調査はJ.D.パワー アジア・パシフィック(東京都港区)が2012年2月21日に発表した。調査は2012年12月時点のものである。性能、操作性、スタイル・外観、機能の4項目で顧客満足指標を設定し、全国の6000人を対象に実施した。

基本的な通話機能の使いやすさやボタンの押しやすさといった点で従来型の携帯電話の評価が高かった。携帯電話本来の機能である電話という点でスマホは使いにくい。メールを打つ場合も従来型の携帯電話の方が速くできる。また、スマホはバッテリー性能の評価が低かった。電池の切れた携帯電話ほど無駄なものはない。バッテリーの消耗が速いということはエコにも反する。

スマホはウィルス感染という危険も伴う。スマホをターゲットにしたウィルスやマルウエアが急増している。新種の大半がスマホ向との報告もある。ユーザー情報を不正に収集する「トロイの木馬」型が目立ち、短期間で機能が急速に進化している。ウィルス感染はアプリ配布でも注意する必要がある。公式マーケットも安全とは限らない。
http://hayariki.net/drama.htm#19


ゼロゼロ物件などの貧困ビジネスの怖さ:林田力

  1. 2012/02/25(土) 14:51:03|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
門倉貴史『日本人が知らない「怖いビジネス」』(角川書店、2012年1月10日発売)は世界中の悪質なビジネスを紹介した新書である。韓国の闇市場で流通する中国産「人肉カプセル」やナイジェリアで摘発された恐怖の「赤ちゃん工場」、イタリアの環境を破壊する「エコ・マフィア」など身の毛もよだつ怖いビジネスが並ぶ。

日本人にとっても他人事ではない。中でもゼロゼロ物件の欺瞞には恐怖を覚えた。ゼロゼロ物件は「敷金・礼金なし」で貧困層を誘い込み、僅か数日の家賃滞納で法外な違約金を請求する。追い出し屋の悪質な嫌がらせで心に傷を負った賃借人もいる。一見すると敷金や礼金がないために消費者に有利に見える分だけ悪質である。しかも他の貧困ビジネスと比べて、貧困層以外の幅広い層に応用可能なために有害性が高い。

これらの悪質なビジネスの背後には貧困や格差がある。貧困に付け込み、貧困者を一層苦しめるビジネスである。金儲け優先のグローバリズムの歪みが貧困ビジネスを拡大させている。モラルを失った業者の貧困ビジネスは日本経済・世界経済の末期症状を示している。

著者は『貧困ビジネス』(幻冬舎新書、2009年)という新書も出しており、著者の問題意識は一貫している。これは急増する貧困層を食い物にして儲ける貧困ビジネスを取り上げた。ゼロゼロ物件、リセット屋、偽装請負、人身売買、臓器売買など様々な貧困ビジネスを紹介する。

貧困ビジネスの有害性はゼロゼロ物件が象徴する。ゼロゼロ物件業者の高額な違約金請求という暴利行為や追い出し屋という暴力行為が許されないことは当然である。しかし、ゼロゼロ物件業者は自社の違法を棚に上げて、「家賃を払わない賃借人が悪い」と家賃滞納者に責任転嫁する(林田力「空知英秋『銀魂』に見るゼロゼロ物件業者への対抗価値」PJニュース2011年11月4日)。

ゼロゼロ物件のような貧困ビジネスは貧困や格差の産物であるが、それ自身も貧困や格差、社会モラルの崩壊に寄与している。「Occupy Wall Street」など世界的な反格差の抗議運動が盛り上がっている。ウォール街の資本家などの最上部に目を向けるだけでなく、ゼロゼロ物件などの身近な貧困ビジネスを撲滅することも大切である。

本書は紹介が中心で、貧困ビジネスを撲滅する政策や被害者の救済策についての記述は薄い。ゼロゼロ物件業者への提訴や宅建業法違反の告発など貧困ビジネスに対する消費者の権利回復の闘いが全国各地で起きている。それらの運動の紹介も今後は期待する。
http://hayariki.net/zero.html


林田力に会った時のエピソード

  1. 2012/02/24(金) 23:23:03|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
東急不動産だまし売り裁判勝訴記念パーティーは、アットホームなイベントであった。出席者は招待客限定で、印刷された招待状は存在しなかった。電話やメールのネットワークで集まってきた出席者は50人ほどであった。今宵は林田力を称える宴の一夜であった。ステーキとロブスターが供された。
最初にスピーチに立った人物は政治家であった。彼は初めて林田力に会った時のエピソードを話した。彼は原稿に頼ることも、前もってスピーチを準備することもなかった。その場にいること、それだけで人々を酔わせることができた。
次のスピーチは不買運動家であった。これまで東急リバブルや東急不動産はマンションだまし売りのやりたい放題であった。しかし、東急不動産敗訴判決によって状況は変わった。ありがとう、林田力。
東急不動産だまし売り裁判の結末を断定することは時期尚早であるが、時代が動いていることは確かである。ありがとう、林田力。
身の置き所をなくすほどの賞賛のシャワーを浴びせかけられた後、林田力は主催者から挨拶を求められた。最初に林田力は裁判の支援に対し、全員に感謝を述べた。
「原告代理人や支援者は皆、頭脳明晰で骨身を惜しまず裁判に打ち込んでいる。私も裁判がもたらす知的なチャレンジに魅せられている。私は誰にも媚びず、誰にも引かない。己が正しいと思うところを貫き、独りなりとも王道を闊歩する。」
最後に林田力は、この素晴らしい一夜への感謝を口にした。出席者には韓国人もいた。片言の韓国語を披露したところ、嬉しそうな顔をしてくれた。
http://hayariki.net/109/


被害者・遺族の権利

  1. 2012/02/24(金) 00:32:03|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
被害者・遺族の権利は難しい問題です。これについては相反する評価を下すことができます。まず肯定的評価です。これまで被害者や遺族は刑事司法から疎外されていました。被害者・遺族の権利を保障することは、警察や検察の恣意性や秘密性に風穴を開けることにもなります。

ここで被害者と遺族を分けるかが問題になりますが、私は被害者と遺族を厳格に区別すべきかについては疑問があります。愛する人を亡くした遺族の痛みは社会として十分に考慮すべきと考えます。逆に被害者本人であっても「目には目を」的なストレートな復讐を肯定してよいかは別に議論すべき問題です。

復讐とは別に痛みを受けた人が加害者を批判し、社会的に発言し、司法を含む様々な制度を利用することは肯定できます。日本社会には私憤を出発点に正義を追及することに否定的な風潮がありますが、正義を追及する側ばかり過度な倫理性を要求することは二重基準です。私自身も社会性を深める契機は東急不動産だまし売り裁判でした。
http://www51.tok2.com/home/hayariki/hayariki2.htm
次に否定的評価です。被害者・遺族の権利は厳罰化とセットで主張される傾向があります。厳罰化という政策達成の道具として利用されています。この点では司法への市民参加という肯定できる建前が掲げられた裁判員制度と共通します。光市母子殺害事件被害者遺族の本村洋氏も過去の発言に比べると、最近はトーンダウンしています。自分が意図していない方向に利用されることへの戸惑いがあるのではないかとも推測します。


書店リンク

アマゾン | 楽天ブックス | ビーケーワン | 枕石堂 | Yahoo!ブックス | JBOOK | livedoor BOOKS | オンライン書店e-hon | Neowing | ジュンク堂書店 | 紀伊國屋 | HMV | TSUTAYA | セブン&アイ
次のページ