容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

「刑事失格!?三毛猫最後の教え」v 林田力 記者wikiレビュー

  1. 2012/06/13(水) 22:18:04|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
『三毛猫ホームズの推理』第8話「死の仮面舞踏!!さらば三毛猫」と第9話「刑事失格!?三毛猫最後の教え」は大学を舞台とした薬物がらみの犯罪である。『三毛猫ホームズの犯罪学講座』を原作にするが、脱法ドラッグが社会問題となりつつある中でタイムリーなテーマである。

注目は「小さな約束しか生まれない信頼を踏みにじった」と警察官が犯人を騙して逮捕に持っていく展開への問題的である。現実の警察官は嘘をつきまくっている。警察官の説得というものは、嘘で甘い期待を持たせることと言っても過言ではない。取り調べに際しても「自白すれば早く出られる」と嘘をついて警察の作文した調書に同意させる。その種の嘘に対して警察の罪悪感は皆無である。むしろ、うまく騙せたと喜んでいる。

しかし、欺かれた人は傷つき怒るものである。皆が焼け野原から経済大国にしてしまうような、虐げられても前に進むことしかできない愚かな人間ばかりではない。警察を正義の側に描きがちな刑事物で『三毛猫ホームズの推理』は貴重な視点を提供する。(林田力)
http://www.hayariki.net/6/9.htm
『三毛猫ホームズの推理』第7話「完全犯罪!?放火の真実を追え」は貧困ビジネスの問題に迫った。原作は『三毛猫ホームズの大改装』であるが、内容を大幅に変更し、現代の貧困問題を採り入れた。

ビジネスモデル自体が十分に悪質な貧困ビジネスであるが、ドラマでは悪質な裏事情も暴く。建て替えしたい賃貸アパートのオーナーが追い出し屋を使い、他に住む場所のない住民を追い出す。住民が立ち退きに応じない場合は建物を放火する。住む場所を失った住民は貧困ビジネスの餌食になる。

現実にもゼロゼロ物件の追い出し屋や東急電鉄による大井町線高架下住民への追い出しが行われている。東急不動産だまし売り裁判でも地上げブローカーや宅建業法違反のゼロゼロ物件業者がマンションだまし売り被害者を攻撃した(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。『三毛猫ホームズの推理』は前クールの刑事ドラマ『相棒』や『ストロベリーナイト』と比べてコメディ色が強い。刑事が捜査情報を家族に話すなどあり得ない展開も多い。それでも時折見せる鋭い社会性には注目させられる。


書店リンク

アマゾン | 楽天ブックス | ビーケーワン | 枕石堂 | Yahoo!ブックス | JBOOK | livedoor BOOKS | オンライン書店e-hon | Neowing | ジュンク堂書店 | 紀伊國屋 | HMV | TSUTAYA | セブン&アイ