容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

前真之『エコハウスのウソ』v 林田力 wiki記者レビュー

  1. 2012/07/02(月) 23:59:03|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前真之『エコハウスのウソ』(日経BP社、2012年6月)はエコハウスが本当に省エネなのか、一般に流布している俗説を検証している。著者は東京大学大学院の准教授で、建築環境の研究者である。たとえば一般的なエコハウスに採用されがちな吹き抜けを取り上げる。吹き抜けに対する著者の否定的な評価は納得できる。

実際のところは、吹き抜けがある建物は、夏は暑く、冬は寒い不快な空間になる。吹き抜けのある空間では空調が非効率である。家全体を過剰に冷やす、または温めることになり、エネルギーを浪費することになりかねない。公共施設でも熊本県の海のピラミッドが非効率な吹き抜けを持ち、無駄な公共事業の典型である(林田力「二子玉川ライズとCLUB PYRAMIDは公共性の私物化」)。

福島第一原発事故によって改めてエコへの関心が高まっている。それ自体は結構なことであるが、欺瞞的なエコも横行している。東京都世田谷区では自然を破壊した再開発で建てられた商業施設「二子玉川ライズ・ショッピングセンター」が省エネで評価されるという本末転倒の現象がある(林田力「二子玉川ライズ・ショッピングセンターはアンチ省エネ」)。自然採光で済む空間に高層ビルを建設し、昼でも人工照明を使わなければならなくなった空間で省エネしてもアンチ省エネである。
http://www12.atpages.jp/~hayariki/haya/2/25.htm
しかもエコビジネスは消費者の不安心理に付け入る悪徳商法と隣り合わせである。貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者がtwitterなどで福島県民の不安を煽って自主避難を勧め、首都圏などの劣悪なゼロゼロ物件に住まわせる例もある。エアコンのない劣悪なゼロゼロ物件をエコハウスと正当化する例もある。エコ詐欺に惑わされないためにも『エコハウスのウソ』のような書籍は有用である。

書店リンク

アマゾン | 楽天ブックス | ビーケーワン | 枕石堂 | Yahoo!ブックス | JBOOK | livedoor BOOKS | オンライン書店e-hon | Neowing | ジュンク堂書店 | 紀伊國屋 | HMV | TSUTAYA | セブン&アイ