容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

『白竜LEGEND 23』東急建設の暴力団利用が下敷き

  1. 2012/07/16(月) 11:09:03|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
天王寺大原作、渡辺みちお画『白竜LEGEND』は独立系暴力団・黒須組の若頭・白竜こと白川竜也を主人公とした作品である。話の中心は暴力団のシノギである。稲川会による東京急行電鉄株買占め事件など現実に起きた事件を下敷きにすることが多く、劇画的な意味でのリアリティがある。

『白竜LEGEND 22』は前巻から引き続き、「野獣空港」編である。「野獣空港」編は稀に見る長編となった。敵はゼネコン、都知事、暴力団、主人公サイドも白竜と下請け建設会社というように複数のアクターが各々の思惑で動いている点が物語を複雑にしている。単行本では複数のエピソードが収録されることが多いが、この巻では丸々「野獣空港」編である。しかも完結していない。次の『白竜LEGEND 23』で完結する。

「野獣空港」編では大手ゼネコンとヤクザの癒着をあからさまに描く。『白竜』では暴力団の東急電鉄株式買い占めなど現実の黒社会の事件を下敷きにしたストーリーが多い(林田力「『白竜LEGEND』第19巻、愚連隊は敵役としても力不足」リアルライブ2011年10月27日)。野獣空港編のゼネコンと暴力団の癒着も東急建設が暴力団系企業を下請けに使っていた事実を連想させる。

東急建設と暴力団の癒着を踏まえると「野獣空港」編はタイムリーなテーマであるが、『白竜LEGEND 22』では一歩踏み込む。建設会社が暴力団と癒着することについて、建設会社側は暴力団からの嫌がらせを避けるためと言い訳することが多い。

実際、東急建設も警視庁組織犯罪対策3課に「暴力団を懐柔しないと暴力団の嫌がらせを受ける」と釈明したという(「暴排通告企業脅す 道仁会系社長を逮捕」産経新聞2011年10月18日)。この種の言い訳によって暴力団と癒着した建設会社は自分達にも被害者的な側面があると自己正当化を図ることができる。

しかし、これは我が身かわいさの言い訳に過ぎない。「野獣空港」編のゼネコンはマスメディアに真実を話そうとする下請け建設会社を黙らせるために暴力団を利用した。暴力団と癒着する建設会社も市民社会の敵である。建設業界と暴力団の癒着の闇の深さを浮き彫りにする。

野獣空港編の面白さは下請け建設会社という弱い立場の存在が主人公サイドのアクターになっていることである。白竜という何事にも動じないチート的な存在が主人公である通常の展開とは異なる魅力がある。下請け建設会社には白竜のような知恵も力もない。普通ならばゼネコンに利用され、泣き寝入りさせられる存在である。

それが白竜に煽られてゼネコンと対決姿勢を示した結果、ゼネコン側の反撃で一層窮地に追い込まれてしまう。白竜に一杯食わされたとぼやきたくなるところである。実際、下請け建設会社社長は、それに近い発言をしている。

しかし、それで終わらないところが、下請け建設会社の偉いところである。泣き寝入りをしたところで、それにゼネコンが恩義を感じることはなく、潰されるだけだと分析する。故にゼネコンとの対決姿勢は正しかったと結論づける。

残念ながら、ここまでの考えに到達できる人は現代日本では少ない。大企業などはアメとムチで消費者や労働者、下請け企業など立場の弱い人々に迫る。アメが本当にアメならば一応は取引として成り立つが、往々にして悪徳企業はアメの期待を持たせるだけで何らのコミットもしない。用が済めば弱者の期待は裏切られる。
http://hayariki.net/5/76.htm
ところが日本では甘い期待から戦うことを放棄し、すりよってしまう愚か者も少なくない(林田力「ネット右翼は東京都青少年健全育成 条例で目を覚ませ」PJニュース2010年12月20日)。下請け建設会社社長のような腹をくくった人が多ければ閉塞感漂う日本社会も、もっとましなものになるだろう。

野獣空港編では腐敗の背後に開発推進で甘い汁を吸う東京都知事が描かれる。現実の石原慎太郎都知事は歯に衣着せぬ言動の数々から漫画でパロディー化されることも少なくない。石原知事に批判的な立場からも暴言やタカ派的な政治姿勢が揶揄される。

しかし、暴言を強調することは石原都政の問題の本質を明らかにする上で必ずしも有効ではない。石原都政の本質は構造改革路線の先取りであり、開発優先であるためである。ユニークなタカ的言動は冷酷な新自由主義のカモフラージュになる(林田力「反石原慎太郎の多義性と曖昧性」PJニュース2011年5月10日)。その点で単なる利権政治家として都知事を描く『白竜』は意外にも都政の本質を突いている。


北本中学校・いじめ自殺裁判 東京地裁判決出る!

  1. 2012/07/16(月) 09:33:04|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【転載】三上英次「北本中学校・いじめ自殺裁判 東京地裁判決出る!」
 「不当判決です!」――判決を言い終えた裁判長が退廷し、傍聴人らも席を立ち始めた時に、提訴以来5年にわたり原告・中井夫妻とともに裁判を闘って来た児玉勇二弁護士は、傍聴席に向かって怒りの声をあげた。
 「原告の請求を棄却する。裁判費用は原告の負担とする」
 これだけを言って姿を消した舘内比佐志裁判長(他に杉本宏之、後藤隆大、両裁判官)に、児玉弁護士が怒りを向けるのも無理はない。小学校時代、繰り返されるいじめを担任との「交換日記」につづり、2005年10月11日に飛び降り自殺した中井佑美さん(当時中学1年生)のために、弁護団は丹念に証拠を整理し、証人尋問では学校や教育委員会のウソを裁判所に示して来たのである。

 弁護団によれば、判決文は96ページ、その大半が原告と被告、それぞれの主張の紹介に費やされ、裁判所の判断が示されているのはたかだか15ページほどである。原告の訴えである(1)小中学校でのいじめについて(2)学校の調査報告義務について(3)国(文部科学省)の責任について、の3つの争点のうち、(2)は2ページほど(3)についてはわずか1ページ程度の言及ということだ。
 舘内裁判長は、佑美さんの残した遺書について、自殺の理由についてはっきりと書いていないことから、それだけでは不十分とする。そして、複数の佑美さんに対する行為、たとえば「『中井くん』と呼ばれていたこと」「靴かくし」「うちまたを指摘されたこと」「入塾強要の手紙」「美術部の『ホンネ大会』」といったことについても、佑美さんが「思い悩み、気持ちがゆれ動いていたこと」は認めつつも、「自殺するほどのいじめがあったとは認められない」という論法で、原告の主張を退けた。

 佑美さんは「思い悩み、気持ちがゆれ動いていた」かもしれない、しかし、それが自殺を決意するほどのものであったかはわからない、佑美さん自身が「いじめ」と認識するようなできごとがあったとしても、そうしたことが継続的に行なわれ自殺を決意するに至ったとは認定できない。そして、そのような視点に立てば、北本中学校のいじめ調査についても、注意義務違反は認められない――簡単に言えば、裁判所の論法は、このようなものだ。
 佑美さんは小学6年生の時に、担任教師と交換日記を交わしており、そこにはいじめの事実が書かれていた。児玉弁護士が「小学校時代のいじめだけでもきちんと認定すべきだ」、「それだけのいじめを受けていたのだから、調査報告義務違反も認めて当然だ」と憤るのも、むしろ当たり前だろう。
 それを「本人が“いじめ”と考えるような相応のできごとはあった」「その“いじめ”が継続的なものであったとは言えない」「自殺を決意するほどの“いじめ”を受けていたとは認定できない」と、「いじめ」をかっこ付きで表記して、学校や市の責任を一切免責するようなことは、〈詭弁〉以外のなにものでもない。
 児玉弁護士は「決して負ける裁判ではなかった」「結論ありきだ」と地裁判決を批判したが、会場からも「何もこちらの提出した証拠を読んでいないのではないか」「ひどい」と声があがった。

 記者がひとつ不可解に思うのは、直前の裁判長の交代だ。裁判は提訴から27回(2012年4月9日に結審)を数えたが、本来はその前の1月(26回目)に結審の予定であった。それが裁判長の交代によって、4月に期日がもう1回設けられ、今回の判決を迎えた。当然のことながら、舘内比佐志裁判長は、一連の証人尋問に立ち会っていない。まったく直前に、本裁判を引き継いだわけである。

 証人尋問では、当時の担任や教育委員会関係者が法廷に立ち、弁護団からの質問には答えに窮し、苦しまぎれの嘘を繰り返し、矛盾を突かれその場でしばしば沈黙した。法廷でそれらを実際に見聞していれば、今回のような判決文はとうてい書けなかったはずだ。
 「いじめの防止と調査報告について、適正な判決を求める要請書」は総計で7400筆を超える署名が集まっている。この裁判で「意見書」を書いた専門家も「裁判長は本当に(意見書)読んだのか?」と報告会では首をかしげるばかりであった。中井夫妻は、このあと控訴の予定だ。
 報告会の最後に、佑美さんの母親は参加者らに「このような判決でせっかく支援してくださったのに申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げた。しかし、本当に、このような判決で土下座すべきは、舘内比佐志裁判長らではないだろうか。 http://www.janjanblog.com/archives/76324

書店リンク

アマゾン | 楽天ブックス | ビーケーワン | 枕石堂 | Yahoo!ブックス | JBOOK | livedoor BOOKS | オンライン書店e-hon | Neowing | ジュンク堂書店 | 紀伊國屋 | HMV | TSUTAYA | セブン&アイ