容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

元暴走族の犯罪性

  1. 2012/10/20(土) 18:36:03|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
元暴走族の犯罪性が社会問題になっている。クラブ「フラワー」撲殺事件では元暴走族が実行犯として浮上している。警視庁には元暴走族の男を実行犯と名指しする情報が寄せられている。元暴走族を擁護する意見がマスメディアで流れることも問題である。
暴走族グループ「関東連合」は、世田谷区や杉並区などを拠点とする複数の暴走族の連合体である。2003年に警視庁に解散届を出したが、その後も元メンバーらの間にはつながりがある。麻布・六本木のクラブは元暴走族集団の根城と見られている。クラブ内で大麻やドラッグが蔓延しているとして、薬物担当の警視庁組織犯罪対策5課や厚生労働省の麻薬取締官がマークしている。
2010年には歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが六本木の飲食店で暴行されて重傷を負った。
事件ではメンバーの男が逮捕され、有罪判決を受けた。この事件を契機に警視庁組織犯罪対策特別捜査隊が反社会的傾向のある不良グループの捜査に力を入れ始めた。組織犯罪対策特別捜査隊はクレジットカード偽造などの組織犯罪の捜査を担当している。
2012年9月、東京・六本木のクラブ「フラワー」で飲食店経営・藤本亮介さんが目出し帽をかぶり、金属バットなどで武装した男の集団に襲われて死亡した。事件は9月2日午前3時40分頃、300人余りの客がいた店内で発生。非常口から侵入した9人の男が、VIPエリアで友人らと酒を飲んでいた藤本さんの頭や顔を金属バットなどで数分間殴った後、非常口から逃走した。
襲撃直前の様子をとらえた現場近くの防犯カメラの映像には9人の男が、金属バットなどを持って2台のワゴン車から降り、店に向かう姿が写っていた。運転手2人を含む5人は素顔のままで、1人は途中で迷彩柄のジャンパーを羽織り、目出し帽をかぶる様子が写っていた。目撃した男性によると、一部は黒地に黄色のラインが入った同じジャージーを着ていた。
9月7日、警視庁は現場近くの防犯カメラに映った襲撃犯とみられる男らの映像を公開した。これに対して数人を名指しする情報が寄せられた。そのうちの一人は暴走族グループの元メンバーであった。警視庁は元暴走族グループの関係者が関与した疑いが強いとみて捜査している(「元暴走族、襲撃に関与か 数人は出国 六本木・男性死亡」朝日新聞2012年10月4日)。捜査1課は暴力団の捜査を担当する組織犯罪対策4課の応援を得て捜査を始めたが、手口などから暴力団の組織的関与はないと判断した。不良グループの捜査を担当する組織犯罪対策特別捜査隊を捜査に投入した。
捜査関係者は「急遽(きゅうきょ)呼び集められたのか、現場近くから徒歩で車に集まってきた男も数人いた。金属バットなどでめった打ちにするやり方も、このグループの特徴と一致する」と話す(「六本木暴行死 組特隊が情報収集 不良グループ、人違い襲撃か」産経新聞2012年10月3日)。
捜査1課が事情を聴くためにグループのメンバーの所在を確認したところ、数人が事件後1週間以内に東南アジアやハワイに出国していた(小泉大士「<六本木暴行死>事情を知る?男数人が出国 事件直後」毎日新聞2012年9月28日)。残りも都内からいなくなっていた。警視庁はこれらのメンバーが何らかの事情を知っているとみて行方を追っている。
警視庁捜査1課は藤本さんが人違いで襲われた可能性もあるとみている。当初は襲撃犯が迷わずに藤本さんの席に向かっていることなどから、捜査1課は、藤本さんの顔見知りによる計画的な犯行とみていた。しかし、藤本さんの周辺にトラブルは見当たらず、問題の暴走族グループとの関係も出てこなかった。
一方で問題の暴走族グループは藤本さんとは無関係の別の不良グループとトラブルを抱えていた。暴走族グループは2012年2月、六本木で別の不良グループと小競り合いになっていた。数年前にも両グループ間のトラブルとみられる殺人事件が起きているという。
六本木のグループと敵対するこのグループと藤本さんの間に関係はなかったが、このグループのリーダー格の体格や特徴が藤本さんと似ているという情報がある。捜査関係者は「藤本さんは普段ほとんど六本木には来ないようだ。現場の店に行ったのも事件のときで2回目だった。人違いで襲われた可能性は捨てきれない」と指摘する。
http://www.hayariki.net/7/46.htm
襲撃犯が逃走に使用した2台のワゴン車は、東京都東大和市の多摩湖周辺に向かったことが確認されているが、車は見つかっていない。2台のワゴン車は法人と個人名義になっていた。車の所有者は「(グループの関係者に)貸していた」と話しているという。
2012年9月、警視庁は他人名義でマンションの賃貸契約を結ぶなどしたとして、詐欺容疑で不良グループ「関東連合」の元リーダー、石元太一容疑者を逮捕した。9月28日には石元容疑者が振り込め詐欺事件にも関わった疑いが強まったとして、詐欺容疑で再逮捕した。振り込め事件で既に逮捕した職業不詳、藤田周作容疑者ら2人も別の詐欺容疑で再逮捕。3人の役割などを解明する。
石元容疑者の逮捕容疑は2010年1〜3月、藤田容疑者らと共謀し、「パチンコ店のサクラをすれば高額収入が得られる」と偽り、大阪市の女性から約136万円を詐取した疑い(「関東連合元リーダーを再逮捕=振り込め詐欺の共謀容疑―警視庁」時事通信2012年9月28日)。このニュースには「石元容疑者のような人間を俳優デビューさせようとした芸能事務所があることが怖い」との感想が寄せられた。


書店リンク

アマゾン | 楽天ブックス | ビーケーワン | 枕石堂 | Yahoo!ブックス | JBOOK | livedoor BOOKS | オンライン書店e-hon | Neowing | ジュンク堂書店 | 紀伊國屋 | HMV | TSUTAYA | セブン&アイ