容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

『魔法無用のマジカルミッション』書評 林田力 wiki

  1. 2012/11/03(土) 10:53:04|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
シャンナ・スウェンドソン『魔法無用のマジカルミッション』は魔法が効かない体質のケイティとオーウェンが危険な石「月の目」を追跡する魔法ファンタジー小説である。「(株)魔法製作所シリーズ」の一冊である。

魔法製作所シリーズは現代文明の中で魔法が使えるという設定である。その中で主人公カップルは魔法を使えない。これは著しく不利であるが、その設定が今回のミッション実現に活かされている。

魔法製作所シリーズの世界では一般の人々は認識しないが、一部の魔法を使える人々が存在し、独自のコミュニティを形成している。エルフやドラゴンのような空想上の生物も存在する。ここからは世界的ベストセラー『ハリー・ポッター』の世界観を連想するが、魔法製作所シリーズでは現代文明に溶け込んでいる。即座に地下鉄を呼び寄せる魔法など現代文明に即した魔法もある。

魔法の絨毯の設定にも科学的な考慮もされている。魔法の絨毯の運転手は魔法のフロントガラスも使っているという設定である。これによって高速で飛んでも風の抵抗を抑え、虫が口に入ることも避けられると説明する(80頁)。
http://hayariki.net/7/28.htm
魔法製作所シリーズの世界では『ハリー・ポッター』の世界と異なり、人間社会で魔法を使うことは禁じられていない。魔法を使えない人間に魔法を使うことも禁じられていない。それ故に強力な魔法使いの登場シーンは魔法を使って悪事を働くヤンキー集団を懲らしめるシーンになる(84頁)。日本でも関東連合のような不良集団が社会問題になっており、不良集団が叩きのめされる展開は爽快である。

中世的雰囲気を残す『ハリー・ポッター』の世界観と現代文明に溶け込む魔法製作所シリーズの世界観は対照的である。『魔法無用のマジカルミッション』では敵勢力に『ハリー・ポッター』的な魔法使い像を風刺するような集団が登場する。魔法をテーマにした作品でも印象が大きく異なり、興味深い。(林田力)


書店リンク

アマゾン | 楽天ブックス | ビーケーワン | 枕石堂 | Yahoo!ブックス | JBOOK | livedoor BOOKS | オンライン書店e-hon | Neowing | ジュンク堂書店 | 紀伊國屋 | HMV | TSUTAYA | セブン&アイ