容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

日本・コリア 友情のキャンペーン

  1. 2013/03/30(土) 20:15:04|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
「日本・コリア 友情のキャンペーン」街宣活動
 日本とコリアの友好、交流を願っておられる皆さまにご協力のお願いです。
 昨今、日韓交流の一大拠点である東京・新宿や、在日コリアンの最大の集住地域である大阪・鶴橋で、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などの極右勢力が、「朝鮮人死ね」など、聞くも耐えられないような暴言を繰り返す示威行動を繰り広げています。
 この示威行動によって、多くの人たちが言葉にできないほど傷つけられ、怒りを感じています。
 彼らは、大阪・鶴橋駅前にて、2月24日に引き続き、3月31日にも宣伝活動をおこなうことを告知しています。
 私たちは、これに対するカウンターとして下記の通り、鶴橋駅前での街宣活動を企画しています。ぜひとも多くの人たちが、日本とコリアの友好と交流、平和と共生を願う思いをアピールしていただきたいと思いますので、ご参加よろしくお願いします。
日 時:3月31日(日)12:30集合(街宣時間は13:00〜15:00)
場 所:北鶴橋ふれあい公園集合
※ 全体で当日の行動の概要や注意事項を確認したのち、鶴橋駅前に移動します。
参加できる方は、北鶴橋ふれあい公園(裏面地図参照)に集合してください。(12時
30分時間厳守)
当日配布用のチラシなどは、実行委員会で準備していますが、持ち込みも歓迎です。
※当日は、在特会が街頭情宣を予告していますが、鶴橋駅前の道路使用許可は実行委員会で受けていますので、彼らの使用は認められません。ただ周辺にて街宣をする可能性があります。
 情宣活動の趣旨は彼らに対する対抗ではなく、あくまでも日本とコリアの「友情・友好」のアピールですので、ご理解をよろしくお願いします。


東急東横線で催涙スプレー噴射

  1. 2013/03/28(木) 23:05:31|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
東急東横線の車内で2013年3月7日23時50分頃、催涙スプレーが噴射され、車内にいた乗客ら26人が目の痛みなどを訴え、2人が搬送された。東京都目黒区鷹番3の東急東横線学芸大学駅に停車中の渋谷発元町・中華街行き普通電車(8両編成)の車内で起きた事件である。
大勢の乗客が救護所で手当てを受けた。催涙スプレーは男性のグループが持っていたものである。この影響で、東急東横線は一部で運転を見合わせた(松本惇、浅野翔太郎「<東急東横線>電車内でスプレー噴射 乗客ら26人被害」毎日新聞2013年3月8日)。
The crime of TOKYU Land Corporation eBook: Hayashida Riki: Amazon.de: Kindle-Shop
http://www.amazon.de/dp/B00C1GKPBU


The crime of TOKYU Land Corporation

  1. 2013/03/27(水) 23:45:03|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』は東急不動産係長がトラブルになった顧客女性に脅迫電話を繰り返して逮捕されたという衝撃的な事件のドキュメントである。東急不動産とのコンサルティング契約は無事には終わらなかった。脅迫電話は、ほとんどが無言電話であったが、「壊れろ、壊れろ」という呻き声で女性を畏怖させたこともあった。東急不動産はビジネスで犯罪者を出したことになる。
『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』では事件の全貌を様々な角度から詳細に描き、東急不動産の本質を捉える。東急不動産だまし売り裁判など東急不動産の様々なトラブルと重ね合わせることで、狂気と陰謀が渦巻く恐ろしい事実へと導いていく。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者による戦慄のメッセージである。

【書名】東急不動産係長脅迫電話逮捕事件/トウキュウフドウサンカカリチョウキョウハクデンワタイホジケン/The crime of TOKYU Land Corporation
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急大井町線高架下立ち退き』『裏事件レポート』『東急コミュニティー解約記』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』
http://www.honzuki.jp/book/204921/
東急不動産係長が顧客に脅迫電話で逮捕、犯罪者に
東急不動産係長逮捕事件とCREクレディールの落差
東急不動産係長逮捕事件とCREコンサルティング
係長逮捕と東急不動産だまし売り裁判とブランズ小竹向原
東急不動産係長逮捕事件の衝撃
東急不動産係長逮捕事件とネット右翼
東急不動産だまし売り裁判原告への誹謗中傷
東急不動産の東急リアル・エステート撤退に見るREITの矛盾
コンフォリア・レジデンシャル投資法人は期待薄
不動産投資の落とし穴
ブランズ小竹向原でクレーン死亡事故
ブランズタワー南堀江・ブランズタワー大坂備後町が酷評
ブランズタワー南堀江の治安面の不安
東急ハンズ過労死と東急不動産だまし売り裁判
東急ハンズ過労死裁判への反響
東急ハンズ過労死裁判と東急不動産係長逮捕
東急ハンズ過労死裁判とブラック企業自慢
東急ハンズ過労死裁判とレジ業務委託
東急ハンズ過労死とスーパービバホーム豊洲店
東急ハンズ裁判と過労死概念の変遷
恫喝訴訟(SLAPP)対策は攻撃が最大の防御
http://www.amazon.co.jp/dp/B00C1GKPBU
The crime of TOKYU Land Corporation (Japanese Edition): Hayashida Riki: Amazon.com: Kindle Store
http://www.amazon.com/dp/B00C1GKPBU

谷恒生『千利休の謀略』

  1. 2013/03/26(火) 23:08:29|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
谷恒生『千利休の謀略』(河出文庫)は千利休と豊臣秀吉の暗闘を描いた歴史小説である。利休と秀吉の対立は芸術家と権力者の対立と捉えられることが多い。これに対して『千利休の謀略』では国家戦略を有する人物と卑小な権力者の対立として描く。

『千利休の謀略』は山崎の合戦直後から始まる。ここから関白就任、天下統一に至る過程は豊臣秀吉の絶頂期である。秀吉が最も輝いていた時期である。これに対して『千利休の謀略』の秀吉は利休の考えを理解できず、酒に溺れている。この描き方は新鮮である。天下統一後の秀吉が黒田官兵衛(黒田如水)を遠ざけた理由は、官兵衛の才能を恐れたためと説明されることが多いが、『千利休の謀略』ではユニークな理由としている。
http://www.hayariki.net/eco/19.htm
『千利休の謀略』では利休は秀吉よりも織田信長の影響を受けている。本能寺での信長の死によって自分も死んだと位置付けるほどである。織田信長の影響の強さは武田正受庵『妻・宗恩の語る利休の貌』とも共通する。『妻・宗恩の語る利休の貌』では千利休の茶道の大成には織田信長の茶道の影響があったと分析していた。


林田力『東急不動産だまし売り裁判』猫語

  1. 2013/03/24(日) 16:21:14|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
林田力『東急不動産にゃみゃし売り裁判にゃ こうして勝っにゃ』(ロゴス社)は東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をにゃみゃし売りされにゃ消費者(=原告・林田力)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ニャ)3018号)で売買代金を取り戻しにゃ闘いにょ記録にゃ。

裁判における当事者にょ裁判官にょ緊迫するにゃり取りを丹念に再現にゃ。個人が不誠実にゃ大企業を相手に闘うドラミャがにゃるにゃっ!
http://www.hayariki.net/eco/30.htm
裁判にょ並行して明らかににゃっにゃ耐震強度偽装事件にょ余波にゃ欠陥施工、管理会社・東急コミュニティーにょ杜撰にゃ管理にも言及し、深刻度を増すミャンション問題にょ現実を明らかにするにゃ。東急不動産にょにゃめに働いにゃ地上げ屋(近隣対策屋、東急不動産工作員)が暗躍し、住環境を破壊する高層ミャンション建築紛争にょ共通するミャンション建設にょ闇に触れるにゃ。


書店リンク

アマゾン | 楽天ブックス | ビーケーワン | 枕石堂 | Yahoo!ブックス | JBOOK | livedoor BOOKS | オンライン書店e-hon | Neowing | ジュンク堂書店 | 紀伊國屋 | HMV | TSUTAYA | セブン&アイ
次のページ