容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか

  1. 2013/07/30(火) 21:41:04|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
今野晴貴『日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか』(星海社新書、2013年)は日本の労使関係をテーマとした新書である。日本の労使関係の問題点を指摘し、改革の方向性を提言する。著者はブラック企業の告発で名高い人物である。ブラック企業はブラック士業と共に現代日本の大きな社会問題である。そのために著者も注目されているが、ブラック企業の見分け方ばかりに関心を寄せられる状況には批判的である。

いくら努力しても見分けることには限界があるためである。また、「見分けろ」という議論は、「見分けない奴が悪い」とブラック企業の正当化になりかねないためである(14頁)。これは東急不動産だまし売り裁判の経験からも納得する(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス)。消費者や労働者に問題物件や問題企業を見分けさせるというスタンスは被害者の救済にならない。

本書では日本の現状では権利は闘って勝ち取らなければならないと主張する。「争う気概のある人とそうでない人とで、大きな差が出てくる」(84頁)。この指摘も東急不動産だまし売り裁判の経験から納得できる。任意の段階では東急不動産は話し合いにも応じなかった。

一方で本書は「だから被害者は頑張れ」と個人の頑張りで解決させようとはしない。 「「普通の人」でも正義を争えるような社会的なサポート体制が、いま、求められている」(87頁)。ブラック企業に対する反発には特殊日本的精神論・根性論への反発もある。ブラック企業が構造的問題としても、ワタミの渡辺美樹個人が憎しみの対象になる理由も、その精神論にある。しかし、日本では反権力側にも精神論的なものがある。個人の頑張りの限界を認識し、社会的なサポート体制を志向する著者のスタンスは健全である。

福祉の貧困と土建国家の関係についての指摘も興味深い。「社会福祉が劣悪である一方で、企業福祉を国民に広く与えるべく、地方への「利益誘導」が図られた。その手法が公共事業である」(200頁)。管見は開発と福祉がトレードオフと主張してきた。開発予算を増大する政府は福祉予算を削減する傾向がある(林田力『二子玉川ライズ反対運動4』「区民負担増ではなく二子玉川ライズ見直しを」)。本書では福祉が貧困であるために公共事業でばらまき、企業を潤わせ、企業福祉を充実させようとしたという関係が描かれる。日本の公共政策は本末転倒である。

労働者を使い捨てにするブラック企業は残酷である。その理由を本書は労働者が商品として「一回雇って、生命力を使い果たして、それで関係を終わりにできてしまう」ためとする(226頁)。これを「一見さん」の恐怖と表現している(225頁)。この表現は言い得て妙である。これも東急不動産だまし売り裁判と共通する。マンションだまし売りも不動産購入が一生に一度あるかないかの買い物であるために不動産業者はリピーターを気にせず、売ったら売りっぱなしができてしまう。
http://www.hayariki.net/10/46.htm
本書には興味深い洞察や貴重な提言が多い。重要な点はブラック企業が「従業員を大切にする」と言われてきた日本的経営の対極ではなく、連続的なものと位置付けていることである。そして改善策をジョブ(職)の範囲内での仕事をすることとしていることである。残念ながら日本人には露骨なブラック企業に批判的な人でも上記の提言を味気ないものと捉える意識があるが、それこそが渡辺美樹的な精神論をのさばらせることになる。

本書で驚かされた点は労働者の権利の話をしていても、日本国憲法への言及が全くないことである。日本国憲法には労働基本権や生存権、平等権など労働者のバックボーンになりうる規定がある。

本書は国が与えてくれる他力本願な権利意識ではなく、会社との契約関係に基づいて自分自身が実現する権利を重視している。また、社会経済的関係から労使関係を論じている。その意味では日本国憲法からアプリオリに労働者の権利を論じることはそぐわないものではある。

しかし、反貧困運動が生存権(日本国憲法第25条)を思想的な武器にしていることを踏まえると、日本国憲法に全く触れていないことは大きな驚きである。ブラック企業問題の当事者にとって日本国憲法は身近なものではないようである。これは現代的な社会問題に対応できていない護憲運動の反省を迫るものである。
The Petition Against TOKYU Land Corporation Fraud eBook: Hayashida Riki: Amazon.in: Kindle Store
http://www.amazon.in/dp/B00DY7796O
東急不動産だまし売り裁判訴状 の書評 / 林田力 / 林田力 / |本が好き!
http://www.honzuki.jp/book/208481/


宇宙へつながる秘密基地

  1. 2013/07/29(月) 21:11:03|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
舞尾空『不思議の国の「みなみ」 宇宙へつながる秘密基地』(文芸社、2013年)は大阪に住む40代男性の不思議な体験を描いた物語である。主人公は四天王寺を散歩中に時空を越えた不思議の国に迷い込む。そこで、みなみちゃんという少女の外見をした超自然的存在(龍女)に出会う。みなみちゃんの導きで、元の時間軸に戻るまでの物語である。

といっても冒険活劇のようなストーリー展開がある訳ではない。前半主人公と、みなみちゃんの哲学問答に費やされる。その内容はオルタナティブな世界に属するものである。神話や風水、タロットカードをベースにしながらも、虚数という数学的な話題も織り込む。東日本大震災や福島第一原発にも言及する。後半は近畿の寺社めぐりをしながら、元の時間軸に戻っていく。
http://www.hayariki.net/10/45.htm
本書は科学が万能、科学で明らかにならないものはないという科学信奉を否定する。一方で「物の豊かさよりも心の豊かさが大切」という精神論には陥っていない。「餓死しそうな状況で心の豊かさを求められるとは思えない」(126頁)。無批判な過去礼賛にも陥っていない。「今のほうが昔に比べて自由になっていることは確かだ。自由の少ない社会に豊かな心が育つことはない」(126頁)。

著者は技術系の研究職と紹介されている。本書のような書籍を刊行する技術系研究者が存在することは興味深い。本書にも大きな影を落としている福島第一原発事故は技術的対策の不備という点でも批判されるが、その後の脱原発運動の高まりには巨大科学技術への不信という要素もある。科学の限界を弁える技術系研究者には好感を抱ける。
Amazon.com: The Petition Against TOKYU Land Corporation Fraud (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Kindle Store
http://www.amazon.com/dp/B00DY7796O
Amazon.co.jp: 東急不動産だまし売り裁判訴状 eBook: 林田力: Kindleストア
http://www.amazon.co.jp/dp/B00DY7796O


『骨董屋探偵の事件簿』林田力ブログ書評

  1. 2013/07/27(土) 20:52:04|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
サックス・ローマー著、近藤麻里子訳『骨董屋探偵の事件簿』は骨董屋を営む素人探偵モリス・クロウの活躍を描いた推理小説の短編集である。骨董屋探偵というだけあって事件は考古学的価値のある文物が多い。

『骨董屋探偵の事件簿』の最大の特徴はオカルト趣味である。モリスは霊感によって事件を解決する。ミステリーとオカルトは本来ならば相性がいい。読者は怪奇なもの、不思議なものを求めており、推理小説では殺人事件となって現れる。故にどれほど優れた名探偵であっても殺人事件を阻止することはない。殺人事件を解決する名探偵よりも殺人事件を阻止する名探偵の方が有能であるが、それでは推理小説の需要を満たさない。

だから事件は起きる。それも考えられないような複雑怪奇な状況で。それによって読者のオカルト趣味を満足させる。しかし、その後の展開はオカルト趣味とは反対に進む。名探偵が謎を解き明かし、事件がオカルト現象でも何でもないことを明らかにする。このために探偵は一般にオカルトを否定する科学信奉者というイメージがある。

しかし、探偵を科学信奉者と位置付けることはステレオタイプである。かのシャーロック・ホームズでさえ、オカルト趣味が興隆したヴィクトリア朝の社会背景を無視しては十分に楽しめない作品である。ホームズ自身にも阿片吸引やコカイン注射で、妄想にふける描写があった。

勿論、ドラッグは否定されるべきである。オルタナティブの提唱者にドラッグ容認論者が多いことは事実であるが、それはオルタナティブを市民的支持から遠ざけ、迫害の正当化に結びつく。特に脱法ハーブ(脱法ドラッグ)が社会問題になっている現代日本ではフィクション上であっても薬物への厳しい姿勢が求められる。それ故にホームズに理知的な人物とのイメージを振り撒くことは社会的に健全である。

この点で『骨董屋探偵の事件簿』のオカルト趣味は健全である。モリスはドラッグなどに頼らずに睡眠という健康的な手法で事件を解決する。『骨董屋探偵の事件簿』の中で毛色の変わった短編である最期の「イシスのヴェール」がドラッグによる悲劇と解釈できる面がある点も興味深い。

モリスの捜査手法は探偵としてはチート的な能力である。犯人が物的な手がかりを一切残していなくても事件を解決することができる。事件解決は楽勝に思えるが、多くの短編で事件は必ずしもあっさり解決しない。この点には筋運びの巧みさがある。
http://www.hayariki.net/10/43.htm
モリス自身は自己の捜査手法を「思念の科学」と名付けるが、一般的な感覚では非科学的な捜査手法である。日本で非科学的な捜査手法と言えば思い込み捜査であり、行き着く先が自白の強要である。これに対して『骨董屋探偵の事件簿』は健全である。「十字軍の斧」では容疑者候補は一人に絞られ、グリムズリー警部補は逮捕状まで用意したが、疑いはクリアにならず、探偵に助けを求める。日本の警察ならば自白を強要して冤罪を作り出すところである。

モリスの成果を自分の手柄にして出世するグリムズリー警部補への語り手の皮肉めいた評価も興味深い。日本の警察ならば面子を優先し、モリスのような人物の言葉に耳を傾けることはないためである。

最後にモリスは「ロンドンで最も貧しい界隈の住人」である(216頁)。娘のイシスは高価な宝石や衣服を持っており、貧しい界隈でなければ住めない訳ではない。「再開発で街が綺麗になる」という論理に反対してきた立場にとって、主人公をゴミゴミした庶民の街に住まわせる設定にしたことは歓迎でできる。ゴミゴミした街にこそ生活があり、暮らしの価値がある。
Opposition Movement Against FUTAKOTAMAGAWA Rise 10 eBook: Hayashida Riki: Amazon.in: Kindle Store
http://www.amazon.in/dp/B00DXMMA6Y


オリンパス制裁人事第2次訴訟第4回口頭弁論

  1. 2013/07/26(金) 21:59:03|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
オリンパス制裁人事第2次訴訟(平成24年(ワ)25114号 損害賠償請求事件)の第4回口頭弁論が2013年7月18日に東京地方裁判所527号法廷で開かれた。報復人事を受けた内部通報者が勤務先のオリンパスを提訴した訴訟である。

オリンパスの営業チームリーダーであった濱田正晴氏は2007年に取引先から従業員を引き抜こうとする上司の行為をコンプライアンス窓口に通報した。ところが、濱田氏は逆にチームリーダーの職位を剥奪され、配置転換を命じられ、上司からの暴言や不当な業務評価などのパワーハラスメントを受けた。これは通報者に不利益を与えてはならないというオリンパスの規定に違反している。

濱田氏は2008年に配転の無効と損害賠償を求めてオリンパスを提訴した。この第一次訴訟は一審・東京地裁では屈辱的な和解強要を拒否し、敗訴した。尚、オリンパスは一審判決言い渡し直前に新たな配転を命じている(第二配転)。仮に一審判決でオリンパス敗訴となっても配転そのものを無意味にする姑息な手法である。

濱田氏は控訴し、控訴審・東京高裁では逆転勝訴となった。オリンパスが上告したが、上告棄却となった。これによって第一・第二・第三配転は無効となった。しかし、オリンパスは敗訴後も対応を変えず、原告は配転先で満足な仕事も与えられないまま孤立・放置されていた。そのために東京高裁判決弁論終結後のハラスメントに対する損害賠償請求として第二次提訴を2012年9月3日に提起した。

第4回口頭弁論では被告が準備書面と陳述書を提出する。原告代理人が被告に対して被告主張の根拠となる文書の提出を求めた。被告代理人は提出する予定はないと回答した。しかし、裁判所も「一方的に言っているものを信用しろと言われても」と援護したため、被告代理人は「検討します」と答えた。裁判所は口頭弁論後に進行協議を指定し、次回期日も進行協議で決めるとした。

口頭弁論はあっさり終わったが、進行協議は長かった。進行協議は交互面接方式で行われた。進行協議では和解の可能性にも言及されたが、原告側は和解期日がダラダラと続くことを本意ではないと主張した。時間稼ぎのために和解に応じるふりをすることは東急不動産だまし売り裁判における東急不動産と同じである(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』「予定調和の協議決裂」)。

原告側としては原告側の名誉回復は譲れないと主張する。オリンパス総務部は2009年3月2日付「社員の人権救済申立てに関する一連の報道について」と題するメールを全社管理職宛に送付した。そこでは「職場における評価の公正さに問題はなく、この社員につきましては本人の努力不足から残念な結果にとなっています」などと書かれている。これを原告側は原告の名誉を毀損するものと主張し、証拠(甲第22号証)として提出した。

また、配転の違法性を問題としているため、被告側には現在の部署がどのような部署なのか説明することを求めた。次回は9月12日14時からである。

同じ日に東京地裁601号法廷で株主総会決議取消請求事件(平成24年(ワ)20534号)の口頭弁論が開かれた。オリンパスの株主が株主総会の決議の取消を求めた訴訟である。原告は株主総会での説明義務違反があったと主張する。背景にはオリンパスによるイギリスの医療機器メーカー・ジャイラス(Gyrus)買収がある。原告は暖簾代の計上がおかしいと主張する。
http://www.hayariki.net/10/29.htm
この口頭弁論は傍聴者が多く、法廷の座席に座りきれなかった。立って傍聴しようとした人もいたが、書記官が「認められていない」として退室を求めた。原告は「法廷指揮権は裁判長にあり、書記官が退廷命令を出せないはず」と抗議した。書記官は裁判長に確認した上で改めての退廷を求めた。

原告は文書提出命令や文書送付嘱託の申し立てをしている。裁判所は原告に「前回の第4準備書面と今回陳述の第5準備書面の主張が矛盾している。一貫していない。前の主張は撤回で宜しいか」と尋ねた。それに原告は直接答えずに「開示されているか」と被告に質問した。被告代理人は「開示の有無は確認するが、第三者委員会の報告書に書かれている」と回答した。

原告は「裁量が広く認められているとしても、脱法的な手法が許される訳ではない」と自説を主張した。裁判所は原告に主張の整理を求めた。文書提出命令などの判断は説明義務違反についてのしっかりとした主張を見てからとした。被告に対しては概括的な事実関係の説明と、その裏付けとなる証拠の提出を求めた。文書提出命令申し立てへの意見を被告が出すか否かは被告の判断に委ねるとした。

次回期日はオリンパス損害賠償請求事件と同じ日にしたいという原告の強い要望で9月12日16時からとなった。原告は傍聴できなかった人が出ており、今後も傍聴者が増えると予想するために大法廷での開催を求めた。裁判所は「大法廷での開催は簡単ではない」と答えた。どれだけ傍聴できなかった人がいるか、大法廷の空き具合も含めて検討する。次回は現在の法廷とした。
Opposition Movement Against FUTAKOTAMAGAWA Rise 10 (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Amazon.co.uk: Kindle Store
http://www.amazon.co.uk/dp/B00DXMMA6Y


可罰的はどうかは別として、

  1. 2013/07/22(月) 21:59:04|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
本人は本気ではないとしても相手を恫喝する言葉を吐くことには嫌悪感を抱いています。当人は「本気ではないから気にするな」などと愚かな言い訳をするかもしれませんが、表面的な文言に従って硬直的な対応をすることが社会人として正しい対応です。
私の周りにも上記のような不愉快な人間がいます。一回だけかわいそうに思って我慢して聞き流し、相手の要求に応じてあげたことがあるのですが、それに感謝するどこか私の悪口を言いふらすという恩を仇で返す態度に出てきました。
「○○は本音を分かってくれる、度量がある」などと私が物分りの良いバカであるかのように悪口を周囲に言いふらされたのです。当然私は「バカにするな」と猛抗議して怒鳴りつけてやりましたが、相手は逆ギレしてきました。そういう相手の感情を理解できないバカは以後徹底的に無視して痛め付けています。善いことをしたと思われますでしょう。
Opposition Movement Against FUTAKOTAMAGAWA Rise 7 eBook: Hayashida Riki: Amazon.in: Kindle Store
http://www.amazon.in/dp/B00BH4QW4Q


書店リンク

アマゾン | 楽天ブックス | ビーケーワン | 枕石堂 | Yahoo!ブックス | JBOOK | livedoor BOOKS | オンライン書店e-hon | Neowing | ジュンク堂書店 | 紀伊國屋 | HMV | TSUTAYA | セブン&アイ
次のページ