容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

『テルマエ・ロマエ VI』林田力ブログ書評

  1. 2013/07/14(日) 17:44:05|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
『テルマエ・ロマエ VI』(2013年)は最終巻である。オムニバス型で人気のあるかぎり、永続させられると思われた『テルマエ・ロマエ』も一直線にフィニッシュを迎えた。

『テルマエ・ロマエ』は古代ローマ人と現代日本人を風呂好きとの視点で結びつけたユニークな作品である。しかし、そこにはローマ帝国に通用する日本の風呂文化という民族的自尊心をくすぐる要素もあった(林田力「『テルマエ・ロマエ』第4巻、長編化に賛否両論」リアルライブ2012年1月5日)。自分に自信の持てない人間は民族という枠組みで威張るしかない。現代日本社会の病理であるヘイトスピーチの起こる背景である(林田力『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』「東急不動産係長逮捕事件とヘイトスピーチ」)。

『テルマエ・ロマエ』もルシウスが日本の風呂文化に感嘆するだけでなく、温泉街に長期滞在して日本社会の負の面も見るようになった『テルマエ・ロマエ IV』から批判の声も出るようになった。しかし、作者は批判に妥協することなく、そのままの展開で完結させた。
http://www.hayariki.net/5/63.htm
『テルマエ・ロマエ VI』では現代日本人がローマにタイムスリップし、ローマの料理に感嘆する。これはルシウスの展開と完全に立場が入れ替わっている。自国文化だけが秀でているのではないという相互主義が表れている。ルシウスの語る「平たい顔族」の長所も威張らずに平和を愛好する民族となっている。日本の良さはヘイトスピーチなどの偏狭な愛国心を否定したところにある。
The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 7 eBook: Hayashida Riki: Amazon.ca: Kindle Store
http://www.amazon.ca/dp/B00DLC2PDE


『龍の刻』林田力ブログ書評

  1. 2013/07/14(日) 12:46:04|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
ロバート・ハワード著、中村融訳『龍の刻 (新訂版コナン全集6)』は中世ヨーロッパ風の架空の世界を舞台としたファンタジー小説である。勇猛果敢で怪力無双のコナンを主人公としたシリーズの一作である。アキロニア国王になっていたコナンであるが、三千年前の時代から甦り、闇の力を持つ大神官ザルトータンによって玉座を追われる。

魔法の存在する世界観であるが、コナン自身は魔法を使わず、常人離れした力で敵を倒す。その原始性が新鮮である。ザルトータンがコナンの倒すべき敵であるが、中盤はザルトータンとは無関係の敵との戦いが続く。ザルトータンの手下を次々と倒すというような、ありがちな展開ではない。物語としては珍しいパターンであるが、これもリアリティがある。東急不動産だまし売り被害者も貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者や脱法ハーブ宣伝屋から攻撃を受けた(林田力『二子玉川ライズ反対運動1』「著者紹介」)。

『龍の刻』には黒人差別的な白人至上主義の世界観が所々に描かれている。これはヘイトスピーチを憎む立場としては不愉快である(林田力『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』「東急不動産係長逮捕事件とヘイトスピーチ」)。しかし、それ故にこそ「海賊の帰還」における黒人奴隷の反乱は痛快である。黒人奴隷達は「自由と復讐を求めた」(248頁)。自由を求める闘いは尊いものである。これはコンセンサスが得られるだろう。勿論、何が自由かは問題である。たとえばヤンキー的な校則違反の自由は自由をはき違えたもので論外である。

一方で過去を水に流すことを是とする非歴史的な日本社会では復讐を非生産的・非建設的なものとネガティブに捉える傾向がある。しかし、虐げられた者にとって自由と復讐はセットである。この気持ちは東急不動産だまし売り被害者として強く理解し、共感できる(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス)。
http://www.hayariki.net/10/37.htm
復讐心の肯定は著者の父親による著者の性格評価にも表れている。「友人たちに対して、彼はもの惜しみせず、温かく、寛大でした。不当な仕打ちをされたと思う相手に対しては、いつまでも許さず、憎しみを忘れませんでした」(372頁)

これは父親が先に死んだ息子を懐かしんで書いた手紙の中で書かれたもので、息子を好意的に評する文脈での表現である。過去を水に流すことを是とする日本人的発想では、不当な仕打ちも水に流すことを好人物とする傾向がある。しかし、それは特殊日本的な価値観に過ぎず、不正を永続させるものである(林田力「日本社会の非歴史性が問題だ」PJニュース2010年6月26日)。
The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 7 eBook: Hayashida Riki: Amazon.it: Kindle Store
http://www.amazon.it/dp/B00DLC2PDE


書店リンク

アマゾン | 楽天ブックス | ビーケーワン | 枕石堂 | Yahoo!ブックス | JBOOK | livedoor BOOKS | オンライン書店e-hon | Neowing | ジュンク堂書店 | 紀伊國屋 | HMV | TSUTAYA | セブン&アイ