容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

東急ハンズ・東急百貨店のソーダストリーム販売批判

  1. 2013/08/23(金) 21:22:04|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
東急ハンズや東急百貨店のソーダストリーム販売が批判されている。東急ハンズ・東急百貨店のソーダストリーム販売がイスラエルの国際法違反に加担することになるためである。「ストップ!ソーダストリーム」キャンペーン・関西市民有志は2012年7月、東急ハンズや東急百貨店らソーダストリームを販売する小売店に対し、「違法入植地製品「ソーダストリーム」の販売中止を求める申入書」を送付した。

***

「ソーダストリーム」の製造工場は、パレスチナ被占領地にあるマアレ・アドミーム入植地内の工業団地にあります。パレスチナにおけるイスラエル入植地は、パレスチナ人の土地を違法に収用して作られたもので、彼らの生活手段を破壊し、国際平和を著しく阻害するものです。また、「ソーダストリーム」の工場では、土地を奪われた多数のパレスチナ人が、イスラエルの労働法に定められた最低基準以下の賃金と劣悪な労働条件で働かされていることがイスラエルのNGOによって報告されています。

「ソーダストリーム」の販売は、ジュネーヴ第4条約等の国際法上、違法とされているイスラエルの入植政策・戦争犯罪を幇助する行為であり、パレスチナ人に対する人権侵害・生活破壊・労働搾取の上に成り立つ不正な行為なのです。

2003年8月に国連人権小委員会で採択された「人権に関する多国籍企業およびその他の企業の責任に関する規範」では、「企業は、国際人権法および国際人道法の侵害行為に従事したり、あるいは、そこから利益を得てはならない」とされています。

また、入植地が、国際法上違法とされており、イスラエル領ではないということは、日本政府も公式に認めていることです。したがって、「ソーダストリーム」の製品パッケージに記載されている「Made in Israel」の表示は、景品表示法(第4条第3項)等の国内法にも抵触すると考えられます。

***
http://hayariki.net/futako/13.htm
イスラエルこそが本当の意味での「ならず者国家」である。国際社会の糾弾も当然である。イスラエル・ボイコット運動も盛り上がっている。イスラエルに対する不買・脱資・制裁 (BDS) 運動はイスラエル国内も含めて世界中に広がっている。それに背を向ける東急ハンズ・東急百貨店の金儲けである。

東急ハンズの体質は親会社の東急不動産と一体のものである。東急不動産は不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りした(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス)。東急百貨店も認知症女性への次々販売が問題になっている(林田力『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』)。


<<  ブラック企業・ブラック士業  |  ホーム  |  パラレルワールド・ラブストーリー  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hayachikara.dtiblog.com/tb.php/506-4bd5ce89

書店リンク

アマゾン | 楽天ブックス | ビーケーワン | 枕石堂 | Yahoo!ブックス | JBOOK | livedoor BOOKS | オンライン書店e-hon | Neowing | ジュンク堂書店 | 紀伊國屋 | HMV | TSUTAYA | セブン&アイ