容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

橘匠氏の講演会「言論の自由の限界に挑む」:林田力

  1. 2011/12/13(火) 21:55:04|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
循環型メディア「目覚めるラジオ」は2011年12月10日、ネットメディア「真相JAPAN」主幹の橘匠氏の講演会 「言論の自由の限界に挑む」を東京都渋谷区のリアルタイムコンピュータ学院渋谷校で開催した。講演会は三部構成で、第一部が講演、第二部が質疑応答、第三部が懇親会である。

真相JAPANは独特の切り口で社会に一石を投じるメディアであり、林田力の記事も掲載されている(林田力「TPPによる日本再占領と崩壊する世界秩序に立ち向かう知恵」真相JAPAN第34号、林田力「竹原信一「官僚互助会は犯罪者集団」真相JAPAN第五回勉強会」真相JAPAN第41号)。講演会では真相JAPANに書けない内容も話すと銘打っている。

「目覚めるラジオ」も「真相JAPAN」もマスメディアが報道しない真実を伝えることを標榜しているため、陰謀論とも接点を持ちやすい。しかし、この講演会で橘氏は通俗的な陰謀論を切り捨てた。

渋谷という都内屈指のターミナルで開催されたが、会場周辺のビルにはテナント募集中の貼り紙が散見され、会場のビルも工事中と寂れた街並みである。千代田区などの都心部で新たなオフィスビルが供給される反面としてのオフィス余りが渋谷でも駅から少し離れた地区に押し寄せている実態が浮き彫りにされた。

冒頭では主催者の海江田育子氏が「目覚めるラジオ」について説明した。中小企業の経営者であった海江田氏は社会問題への関心は低く、「自分は頑張っているから報われるはず」とナイーブに考えていた。ところが大手企業とのリース契約トラブルで敗訴し、150万円の支払いを余儀なくされた。

そこから社会問題への意識を高め、マスメディアの情報コントロールに疑問を抱くようになった。特に女性が家族や友人にマスメディアの報道で隠された真実を伝えることで、賢い市民を増やしていきたい。本日は本当の話が聞きたい。

橘氏の講演が始まる。会場の建物では外壁工事が行われ、工事の騒音で聞きづらいこともあったが、橘氏も騒音に対抗してシャウトしていた。

橘氏は物書きとしてはジャーナリストとしての立場をとると宣言する。分からないことは分からないというスタンスである。たとえば経済学者の植草一秀氏の迷惑防止条例違反事件はインターネット上では冤罪との意見が圧倒的である。小泉構造改革を批判した植草氏への国策逮捕との見解もある。これに対して橘氏は「やった、やらないは分からない」という立場を採る。そして植草氏の経済学者としての能力・業績を評価した上で「植草さんは淡々と経済学をやっていればいい」と主張する。

比較されるケースとして経済学者の高橋洋一氏の窃盗事件がある。高橋氏は2009年3月に温泉施設の更衣室ロッカーで高級腕時計のブルガリや財布など約30万円相当を盗んだ現行犯として拘束された。しかし、高橋氏は逃走の恐れがないとして逮捕されず、起訴猶予となった。同年11月にはテレビにも復帰した。

植草氏に比べると、高橋氏への法的・社会的な制裁は圧倒的に軽い。この相違をネット上では小泉構造改革を批判した植草氏と、竹中平蔵のブレーンとして小泉構造改革を進めた高橋氏の差異に還元する立場がある。権力に都合の悪い学者は冤罪で逮捕し、権力に都合のいい学者は罪を犯しても軽く済ませる陰謀論である。
http://www.hayariki.net/poli/japan111027.html
これに対して橘氏は「植草氏への容疑が不自然と言うならば、金には困っていないはずの高橋氏が時計などを窃盗することも不自然ではないか」と指摘する。そして「高橋氏は窃盗を否定したり、擁護したりする発言をしていない。それが植草氏との相違になっているのではないか」とする。

この指摘は警察に見込み捜査で不当逮捕されても、警察の言いなりになって早く罪を認めた方が結果的に早く解放されるというような奴隷市民の処世術にもつながりかねない危険がある。しかし、その是非以前の問題として警察国家・日本の現状認識としては正鵠を得ている。


横浜DeNAベイスターズを歓迎

  1. 2011/12/11(日) 15:27:03|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
SNS「モバゲー」を運営するディー・エヌ・エー(DeNA)が横浜ベイスターズを買収し、横浜DeNAベイスターズに球団名を変更した。横浜ベイスターズは住生活グループが2010年に買収を試みて撤退したチームである。住生活グループの撤退を歓迎した立場から、横浜DeNAベイスターズを歓迎する。 DeNAの運営するモバゲーはソーシャルゲームと呼ばれるオンラインゲームが中心である。ゲームというエンターテイメントを提供する企業は球団オーナーに向いている。野球の試合もゲームであり、プロ野球はエンターテイメントである。 モバゲーで提供するゲームには野球をテーマとしたものもあり、水平的な事業展開になる。むしろ本業がエンターテイメントと接点のない企業が球団を所有する方が異常であった。その意味で住生活グループの買収が売名目的と非難されたことは健全な反応であった(林田力「リクシル・ベイスターズ消滅を歓迎」PJニュース2010年10月28日)。 http://www.pjnews.net/news/794/20101028_1 大企業がメセナ的な感覚で球団を所有することは文化貢献と言えるかもしれない。しかし、メセナ的な感覚で強い球団、ファンを楽しませる野球を実現することは容易ではない。エンターテイメントを熟知している企業がオーナーになった方が興行としてのプロ野球は発展する。 一方でゲームというDeNAの事業内容からプロ野球オーナーとして不相当との反対論がある。しかし、これは反対のための反対論である。事業内容が問題視されなかった住生活グループも、その業種であるリフォーム業界には欠陥施工や悪質リフォーム、次々販売などの深刻な社会問題を抱えている。新興の業種にばかり厳しい基準が要求されるが、既存の業種にも腐敗はある。 反対論には一般論としてゲーム業界を否定するのではなく、モバゲーの提供するソーシャルゲームの性格を問題視する見解がある。モバゲーの提供するソーシャルゲームはプレイを無料として幅広いユーザーを集め、ゲームを有利に進められる貴重なアイテムを販売することで収益を上げるビジネスモデルである。アイテムを購入しなければ進めないようなゲームで利益を得ることに対して貧困ビジネスとの批判がある。 しかし、ゲームの中でしか価値がないとしても、エンターテイメントとしての価値を提供する。ゼロゼロ物件など貧困者をターゲットとして搾取する貧困ビジネスとの同一視は本物の貧困ビジネスの悪質さを相対化させてしまう。 そしてプロ野球の提供する価値というものも実はソーシャルゲームと似たようなものである。プロ野球はオリンピック的な肉体の限界に挑戦したスポーツを魅せるというよりも、仲間内の話の種を提供する娯楽の側面が強い。これはゲーム上で仲間となってソーシャルゲームに興じるモバゲーのユーザーと類似する。DeNA参入によるプロ野球のエンターテイメント性の強化に期待する。
http://hayariki.kakuren-bo.com/


東急不動産だまし売り裁判と桜桃

  1. 2011/12/10(土) 10:31:04|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』の読書メーター「この本を読んだ人はこんな本も読んでいます」欄に太宰治『桜桃』が登場した(2011年12月9日確認)。『東急不動産だまし売り裁判』は東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた消費者の裁判闘争を描くノンフィクションである。
これに対して『桜桃』は短編小説でジャンルは相違するが、事実に基づいた作品である。共に話が淡々と進行するために読みやすい。『東急不動産だまし売り裁判』はマンションだまし売りを正当化する悪徳不動産業者の虚勢を生々しく描き、『桜桃』は「子供よりも親が大事」と呟く父親の虚勢を直視する。
http://book.mamagoto.com/
林田力:二子玉川ライズ優先で世田谷区の家計簿に歪み
http://hayariki.x10.mx/kakeibo.html
林田力/世田谷区政
http://setagaya.sankuzushi.com/


二子玉川ライズ取消訴訟・証拠説明書甲66

  1. 2011/12/08(木) 21:18:08|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
甲86の1 建築計画書(?−a街区)
甲86の2 雨水流出抑制施設計算書
?a街区で、建築面積2442.60?、地下1階の地下建造物を建築する計画である事実。
世田谷区雨水流出抑制技術指針が、所要対策量として、公共施設及び大規模民間施設部分においては50mm対応、道路部分においては29mm対応の基準を設定しているにすぎず、?a街区が世田谷区雨水流出抑制技術指針の上記基準(以下「基準」という。)272立方米に対し275立方米と、世田谷区雨水流出抑制技術指針をわずかに上回る不十分な雨水対策しか講じていない事実。

甲87の1 建築計画書(?−b街区)
甲87の2 雨水流出抑制施設計算書
?−b街区で、建築面積10856.90?、地下2階の地下建造物を建築する計画である事実。
世田谷区雨水流出抑制技術指針が、所要対策量として、公共施設及び大規模民間施設部分においては50mm対応、道路部分においては29mm対応の基準を設定しているにすぎず、?b街区が基準943?に対し945?と、世田谷区雨水流出抑制技術指針をわずかに上回る不十分な雨水対策しか講じていない事実。

甲88の1 建築計画書(?−b街区)
甲88の2 雨水流出抑制施設計算書
?b街区で、建築面積2495.00?、地下1階の地下建造物を建築する計画である事実。
世田谷区雨水流出抑制技術指針が、所要対策量として、公共施設及び大規模民間施設部分においては50mm対応、道路部分においては29mm対応の基準を設定しているにすぎず、?b街区が基準224立方米に対し230立方米と、世田谷区雨水流出抑制技術指針をわずかに上回る不十分な雨水対策しか講じていない事実。
http://www12.atpages.jp/~hayariki/haya/futako/appeal110831.html
甲89の1 建築計画書(?街区)
甲89の2 雨水流出抑制施設計算書
?b街区で、建築面積2495.00?、地下1階の地下建造物を建築する計画である事実。
世田谷区雨水流出抑制技術指針が、所要対策量として、公共施設及び大規模民間施設部分においては50mm対応、道路部分においては29mm対応の基準を設定しているにすぎず、?街区が基準1422立方米に対し1500立方米と、世田谷区雨水流出抑制技術指針をわずかに上回る不十分な雨水対策しか講じていない事実。

甲90 環境影響評価書
二子玉川東地区再開発準備組合らが作成した環境影響評価書が、調査方法が不適切であったり、使用した資料が古いなど、不当なものであること。


FUTAKOTAMAGAWA RISE is still unsold

  1. 2011/12/06(火) 21:37:04|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
I answerd the customer about "The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud". The customer fully understanded that the problem of TOKYU Land Corporation and TOKYU Livable Inc. and don't want to buy houses from TOKYU. The FUTAKOTAMAGAWA RISE has been on the market almost a year and is still unsold. The customer agreed with Boycotte TOKYU.
https://sites.google.com/site/hayariki9/


書店リンク

アマゾン | 楽天ブックス | ビーケーワン | 枕石堂 | Yahoo!ブックス | JBOOK | livedoor BOOKS | オンライン書店e-hon | Neowing | ジュンク堂書店 | 紀伊國屋 | HMV | TSUTAYA | セブン&アイ
前のページ 次のページ