容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

『ミスターフィギュアのフォット、一息』

  1. 2013/07/11(木) 23:30:04|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
恒川憲一『ミスターフィギュアのフォット、一息』(セルバ出版、2013年)は「ミスターフィギュア」と名付けられたフィギュアの写真集である。フィギュアの写真集と言えば貴重なフィギュアやフィギュアのコレクションを写すイメージがあるが、そうではない。被写体は常に同じフィギュア、自分そっくりのフィギュアである。

そのフィギュアを面白く写した写真集である。何気ないシーンでもコメントと合わせることで面白くなる。駄洒落も多く、ユーモラスな写真集になっている。例えばイチゴとフィギュアが一緒に写っている写真には「一期一会」とのコメントが付されている(1頁)。イチゴと一期をかけている。

個人的に面白いと感じた写真は「敷居が高い」である(56頁)。5センチの敷居の前に5センチのフィギュアを置いたためにフィギュアから見れば高い壁になる。それを「敷居が高い」と表現する。普通の人にとっては何ともないものでも、他の人にとっては、ものすごく敷居が高くなる。バリアフリーやユニバーサルデザインにも通じる含蓄がある。

現代に生きる日本人にとって東日本大震災は衝撃であった。『フォット、一息』でも東日本大震災に言及した写真がある。「永遠に語れ陸前高田一本松」が相当する(80頁)。フィギュアが陸前高田一本松を眺めている写真である。この写真のフィギュアは濡れており、水滴が写っているという芸の細かさである。単に遠くから頑張れと言うのではなく、津波被害を受けた被災者と同じ目線に立とうとしている。被災者の苦しみに寄り添う姿勢に意味がある。
http://www.hayariki.net/10/29.htm
ここからは少し社会性のある写真が続く。学生運動(81頁)や平和(83、84頁)をテーマとした写真があり、世代を感じさせる。著者は自己をビジネスマンと規定しており、それほど政治性が強い人物には見えない。『フォット、一息』も政治性の強い書籍ではない。それでも世代的経験・世代的意識というものが強烈であることが分かる。この点は著者よりも若い世代とはギャップのあるところである。


『だからあんたは不幸やねん』

  1. 2013/07/10(水) 22:12:04|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
桂幹人、椹寛子『だからあんたは不幸やねん』は大阪の一風変わったコンサルタントを取り上げたノンフィクションである。桂幹人氏が「人生の立て直し屋」「企業再生の鬼」と呼ばれるコンサルタントで、椹寛子氏が桂氏の秘書となって見聞きした事例を紹介する。相談事例は経営再建や人生相談など多岐に渡る。

桂氏は顧客など相手目線に立つことの重要性を強調する。これは東急不動産だまし売り被害者にとって納得できる指摘である。東急リバブル東急不動産から不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りされたが、だまし売りそのものに加え、消費者の状況を無視して一方的に理解を要求するだけの姿勢に腹を立てた(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス)。

『だからあんたは不幸やねん』を手に取った時、正直なところ、最初は「失敗した」と思ったものである。「幸不幸は心の持ちようで、プラス思考で頑張れば幸せになれる」という特殊日本的精神論を押し付ける書籍に思えたためである。頑張ることを強制する特殊日本的精神論は苦しむ人をますます苦しめるだけである。
http://hayariki.net/10/27.htm
これに対して桂氏は相談者の苦しみに共感するところから始めている。桂氏にも精神論的なところが皆無ではないが、相手目線に立つという点が大きな特徴になっている。また、執筆者の椹氏自身が苦しい状況に置かれていたことが冒頭で説明される。そのために上から目線にならない書籍になっている。

『だからあんたは不幸やねん』で紹介された事例は全て成功事例であるが、相談者とコンサルタントの溝が深まってしまう失敗事例があることも認めている(236頁)。紹介事例の中で溝が深まりかけた事例が最後の「つぶれかけ工務店を再生せよ」になっていることは示唆的である。建築不動産分野が消費者目線を持ちにくい守旧的な業界であることを物語る。
Disputation at Shibuya TOKYU Plaza (The Suit TOKYU Land Corporation Fraud) eBook: Hayashida Riki: Amazon.in: Kindle Store
http://www.amazon.in/dp/B00COMQEHA/


東急田園都市線渋谷駅で拳銃型ライターが振り回される

  1. 2013/07/09(火) 21:21:05|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
東急田園都市線渋谷駅で2013年7月8日午後、発車待ちをしていた電車の中にいた男が銃の形をしたライターを振り回し、乗客が避難する騒ぎになった。東急田園都市線渋谷駅では8日16時過ぎに「男が電車内でモデルガンを振り回している」と110番通報がなされた。警察官が駆けつけたところ、停車中の電車にいた男が大声を出すなどしたという。警視庁によりますと、男が持っていたのは拳銃の形をしたライターであった(「渋谷駅で男が騒ぎ乗客が避難」NHK 2013年7月8日)。
混乱によって「東急田園都市線渋谷駅で銃乱射事件」などの情報も飛び交った。拳銃型ライターに過ぎないことは後から判明したことであり、少なくとも「モデルガンが振り回されている」などの形で情報が伝播することはデマではなく、必要な注意喚起になる。
東急田園都市線では東急電鉄社員(従業員)が乗客を執拗に痴漢して逮捕される事件が起きた。また、東急による渋谷駅の改造は不便になったと乗客から不評である。渋谷再開発では暴力団による地上げも行われ、その地上げ物件を東急不動産が購入するというキナ臭い事件もあった。住民無視・乗客無視・利用者無視の東急では何が起きても不思議ではない。
Amazon.co.jp: 東急百貨店だまし売り (東急不動産だまし売り裁判) eBook: 林田力: Kindleストア
http://www.amazon.co.jp/dp/B00DJ8FKCI
東急不動産係長が顧客に脅迫電話で逮捕、犯罪者に
http://hayariki.net/tokyu/cre.htm


東急一時金請求裁判控訴審

  1. 2013/07/08(月) 23:02:04|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
東急一時金請求裁判控訴審第2回口頭弁論が2013年7月11日14時から東京高裁809号法廷で開催される。東急一時金請求裁判は東急電鉄・東急バスに一時金の支払いと不払いによる慰謝料を請求した裁判である。東急電鉄・東急バスは長年に渡り支給されてきた一時金の労使慣行をも無視し、一時金を特定労働組合員に支給しなかった。全関東単一労働組合東急分会は「東急電鉄・東急バスの差別労務管理、労働者使い捨てを許すことはできない」と主張する。
東急側は「賞与は就業規則に定められていないから、法的に支払う義務はない」と主張する。東京地裁判決(2013年1月22日)は、就業規則に一時金支給の規定がないことを理由に、労働協約の締結がなければ支給しなくてもよいとする会社主張を全面的に取り入れたものであった。
労働者側は東京高裁に控訴し、5月9日に第1回口頭弁論が行われた。裁判官は一切の事実調べをせずに結審という乱暴な訴訟指揮を行った。労働者側は高裁の態度に怒り、裁判官忌避を申し立てたが、棄却された。

全関東単一労働組合東急分会
http://tokyu-bunkai.sunnyday.jp/


『ジロンド派の興亡』生存権

  1. 2013/07/06(土) 10:46:04|
  2. ブログ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
佐藤賢一『小説フランス革命VII ジロンド派の興亡』(集英社、2012年)は「ジロンド派の女王」の異名を持つロラン夫人(マノン・ロラン)を視点人物として幕を開ける。ロラン夫人は野心のある人物として描かれる。その対立相手としてルイ16世を位置付ける。大きな歴史の流れからすればヴァレンヌ逃亡事件以降はブルボン王家の衰亡一直線となるが、『ジロンド派の興亡』のルイ16世はしぶとい。

一般にルイ16世は王妃マリー・アントワネットの尻に敷かれた人物というイメージである。それに対して、ここではロラン夫人に操縦される夫のロランを「女房の尻に敷かれる男というのは、なんとも情けないものだね」と評している(142頁)。『小説フランス革命』シリーズはヴァレンヌ逃亡事件もルイ16世の主体的な行動として描いた(『王の逃亡』)。

夫を操る妻と妻の言いなりというイメージの夫の戦いは興味深い取り合わせであるが、所詮は権力を巡る醜い戦いでしかない。サン・キュロット(無産市民)の怒りは大きく、もはやジロンド派には制御できない状態になっていた。

やはり『ジロンド派の興亡』の主役はロベスピエールである。ロベスピエールは生存権思想に目覚める。「人間的に生きる権利、いうなれば健康で文化的な最低限度の生活を保障される権利は、ありとあらゆる人間に認められなければならない」(110頁以下)。この生存権が妨げられるならば経済活動の自由は制限されなければならない。

これがブルジョワの横暴を抑え、ジロンド派に対抗する理論になる。「断罪されるべきは、自儘で、野放図で、しかも際限がない、商人たちの貪欲のほうだ」(112頁)。ブラック企業が労働者、ゼロゼロ物件や脱法ハウスなどの貧困ビジネスが貧困層を搾取する現代日本にも当てはまる問題である。
http://www.hayariki.net/10/29.htm
一般にフランス革命はブルジョア革命として、その限界を語られることが多い。しかし、ジャコバン派は既に社会権の思想を有していた。格差と貧困が拡大する日本において、フランス革命の思想に学ぶ点は大きいと考える。

生存権の思想に目覚めたロベスピエールであったが、『ジロンド派の興亡』では猜疑心の強い独裁者になる素地も描かれる。弱虫として描かれ続けたデムーランよりも本質的には弱い人間と感じてしまう。また、後に対立して処刑される寛容派のダントンやデムーランとの微妙な違いも浮かび上がってくる。今後の展開に注目である。


書店リンク

アマゾン | 楽天ブックス | ビーケーワン | 枕石堂 | Yahoo!ブックス | JBOOK | livedoor BOOKS | オンライン書店e-hon | Neowing | ジュンク堂書店 | 紀伊國屋 | HMV | TSUTAYA | セブン&アイ
前のページ 次のページ